MAO【第84話】最新話ネタバレと考察・感想!飛び交う呪いの針、それを操る女学生の正体は?

MAO【第84話】最新話ネタバレと考察・感想!飛び交う呪いの針、それを操る女学生の正体は?のアイキャッチ画像

週刊少年サンデー2021年15号(3月10日発売)の『MAO』第84話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第83話第84話
(最新話)
第85話

MAO【第84話】のあらすじ・ネタバレ

摩緒の進学祝い

令和二年5月、春が過ぎ、高校生になっていた菜花だったが、コロナウイルス蔓延によりマスクの着用が欠かせない状態になっていた。

卒業式も入学式もきちんと行われない現代に対し、菜花は「令和(こっち)はこっちで大変だ」とため息をつくのであった。

そしていつもの通り、大正時代、摩緒の下に向かう菜花。

自分が高校生になった事を摩緒達に報告する菜花であったが、当の本人たちの反応は薄いものであった。

令和の学校制度を知らない摩緒は女学校に入学したのか、と聞くが、共学で中高一貫の学校だという事を伝える。

わかったようなわからないような返事をする摩緒であったが、菜花にお祓いについてくるように言うと、帰りに何か食べて好きな物を買ってあげるという事を言うのであった。

摩緒なりの入学祝に機嫌を良くする菜花。

そして摩緒も菜花の喜ぶ姿を見て、

「菜花は本当にかわいいな…」

と、ほのぼの思うのであった。

謎の針

民家にお祓いに訪れる摩緒と菜花。

対象の患者は、5日ほど前に学校で倒れ、医者に見せるも解決法がわからないまま一度も目を覚まさない状態であると、患者の母親から説明を受ける。

患者の祥子は「助けて」と呟き、ゼーゼーと息をしながらうなされ続けていた。

祥子の状態を見た摩緒は、これは憑き物ではなく、呪いのたぐいのものだと予測する。

摩緒は護符を燃やし、その灰が混ざった水を祥子の顔にかける。

祥子は目を開いたかと思うと、額をおさえながら「痛い、熱い」と叫びだす。

心配する母親に対し、「『場所』を確かめています」と語る摩緒。

すると祥子の額に護符の灰が集まっていき、何かが浮かび上がってきた。

摩緒は浮かび上がったものを手で引き抜き、それが「針」である事を確認した。

意識を撮り戻し、ガタガタと震える祥子。

夢の中で何度も殺されていたという事を打ち明ける。

摩緒は何か思い当たる事はないかと聞くと、祥子は自分の学校のおかしな下級生の話を始める。

自分は人を呪える、嫌いな人がいたら呪ってあげる、と自ら言って歩いていたという事だった。

やがてそれは興味のある者同士で集まりだし、呪いの儀式の様な遊びを始めだしたという。

それを見過ごせなかった祥子は、呪いなんてあるはずがない、そんな事をしてはいけないと注意をしたのであった。

注意をしただけで実際に呪詛を受けてしまった祥子、摩緒はこれは捨て置けない問題だという事を認識するのであった。

呪いの女学生

とある女学校。

「宝生さん、ちょっといいかしら」と呼び止められる女学生。

宝生と呼ばれる女学生は呼ばれた先に着いていくと、そこは物置小屋であった。

祥子が昏睡状態になっていた件で、友達の女学生二人に呼び出されたのであった。

当の宝生は祥子の事を全く覚えていなかったが、呪いを注意してきた人物と聞くと、「ああ…」という感じでぼんやりと思い出すのであった。

宝生は祥子が呪いを信じてくれなかったから行動に出た、という旨を告げる。

すると怒り心頭の女学生達は物置小屋に鍵をかけ、宝生を閉じ込めてどこかに行ってしまったのだった。

呆れた宝生は、持っていた本から針を引き抜くと、鉄格子の窓の隙間から外に放り投げたのであった。

潜入捜査開始

後日の女学校では、上級生二人が呪われたという噂が飛び交う。

そして、それをやったのは宝生だという事も、すでに広まっていたのであった。

傍らで女学校の制服を着て溜め息をつく菜花。

今回祥子にかけられた呪いは何なのか、それ知るためには菜花が女学校の生徒として潜入するのが手っ取り早いと摩緒から調査を頼まれていたのであった。

「終わったらあんみつでもごちそうするよ」と言われていたものの、お祓いの帰りの食事もナシになっていたこともあり、菜花はいささかご機嫌斜めなのだった。

すると呪いの噂が飛び交う中、菜花の前方から見覚えのある顔が歩いてくる。

それは前回、摩緒を操られ、双馬と激闘を繰り広げた際に白眉と一緒にいた女学生、かがりなのであった。

MAO【第84話】の考察・感想

進学祝いという事で舞い上がる摩緒と菜花は見ているとなにかほっこりしますね。

「かわいいな」という摩緒のセリフは子供や孫に言うようなものと同じものを感じますね(笑)

さて、前回の白眉との戦いのときは素性のわからなかったかがりでしたが、普通に学校に通っている女の子だったのですね。

しかし、双馬に「傀儡の針」を渡し、摩緒を暴走させた張本人であるかがりは一切油断のできない人物です。

おそらく今回も白眉がまた関係してきそうなので、激しい戦闘は避けきれないものになると思います。

初っ端から呪いの犯人と鉢合わせてしまう菜花、果たして無事にかがりを切り抜けられるのでしょうか?

まとめ

以上、『MAO』第84話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MAO』第85話は、週刊少年サンデー16号(3月17日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!