恋か魔法かわからない!【第12話】最新話ネタバレと考察・感想!

恋か魔法かわからない!【第12話】最新話ネタバレと考察・感想!のアイキャッチ画像

週刊少年マガジン2021年15号(3月10日発売)の『恋か魔法かわからない!』第12話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第11話第12話
(最新話)
第13話

恋か魔法かわからない!【第12話】のあらすじ・ネタバレ

3人にとって刺激的な夜が明けて目を覚ますと  

カイトが目を覚ますと自分がなぜこんなとこに寝ているのか覚えていなかった。

目を覚ますと見覚えのある声で鬼のような声が聞こえてきた。

目を覚ますと隣にゆい姉さんが包丁を持って立っていたのであった。

朝食は後で用意しますからお待ち下さいと言っているが朝食どころではないことは明白だった。

ゆい姉さんはゆめさきさんをそうやって 尋問していたのだった。

それはそうとカイトは昨日の記憶が途中から全くすっぽ抜けて覚えていないらしい。

昨日カイトは突然気絶してしまったのだと説明した。

それはおそらく チャームの魔法を使い切って 魔力を使いすぎたことでそうなってしまったのだと。

さらに萌香さんは校長先生に呼び出されてどこかに行ってしまったらしい。

そこでゆい姉さんは残された夢咲さんを尋問していたのであった。

ゆい姉さんはかいとが自分の夫となる人物だと包丁を持ってものすごいキレ始めていた。

ゆい姉さんは カイトのくちびるをどこの馬の骨ともわからないメギツネに 奪われてしまったのが許せなかったのだった。

そうやってついに姉さんは包丁を振り回して暴れ始めてしまった。

くちびるを重ねたのはほっぺの部分だけであるしそれは転んだはずみでやってしまったことだと嘘をついたカイト。

ゆい姉さんはそれを聞いて最初は笑って受け流す落としてほのぼのした空気が流れる。

しかしほっぺだろうがそれは到底許されることではないと再び包丁を振りかざすのであった。

このくらい許してくれと 懇願するも私にはこのくらいのことがとても大事なのだと姉さんは走り去ってしまった。

小屋の外に走っていった ゆい姉さん に声をかける

ゆい姉さんは机に伏したまま こんなはずではなかったと言っている。

ゆい姉さんは急にかいとの周りに女性が増えてしまったことを嘆いているのだった。

カイトはここで、ゆい姉さんのことはずっと頼りになるお姉さんだと思っていたので突然一人の女性としては見れないとはっきりと告げるのだった。

自分の頭をなでて下さいと言う言い姉さん

あまりにも弱っている姉さんを初めて見たのでカイトは 素直に従うことにした。

そうするとゆい姉さんはガシッとカイトの手首を掴み始めた。

ゆい姉さんは今までの自分は甘かったのでこれからは本気で行くと言い出した。

そして自分のことはこれからゆい姉さんではなく ゆいと呼んでくれと言っている。

そして二人は口と口を重ねるのであった。

そんなことをやっていると 萌香さんが水着で現れて海に行こうと誘ってくるのだった。

恋か魔法かわからない!【第12話】の考察・感想

なんと新たなヒロイン争いにゆい姉さんが加わりました。

しかし前々から言っているけどこれでますます舞の存在価値がなくなってきたような。

舞 はメインヒロインのはずなのに何故ここまで雑な扱いを受けるんだろうなー。

まとめ

次回の『恋か魔法かわからない!』13話は、週刊少年マガジンにて3月17日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!