ゴブリンスレイヤー【第57話】最新話ネタバレと考察・感想!油断が多い新人冒険者

ゴブリンスレイヤー【第57話】最新話ネタバレと考察・感想!油断が多い新人冒険者のアイキャッチ画像

月刊ビッグガンガン2021年3号(2月25日発売)の『ゴブリンスレイヤー』第57話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第56話第57話
(最新話)
第58話

ゴブリンスレイヤー【第57話】のあらすじ・ネタバレ

困った時の牛飼娘

新人冒険者を連れて牧場に戻るゴブリンスレイヤー。

自分がどこに連れていかれるか分からず不平不満を漏らす新人冒険者。

牧場では夜も遅いというのに牛飼娘がゴブリンスレイヤーを待っていてくれた。

「おかえりなさい」と笑顔で迎え入れる牛飼娘。

相変わらず素っ気なく対応するゴブリンスレイヤー。

牛飼娘の豊満な胸にドギマキする新人冒険者。

思わず圧倒されて尻もちをついてしまう。

宿を探しているとゴブリンスレイヤーが牛飼娘に伝えると、快く快諾してくれた。

家主である叔父にも許可をもらわなければと叔父のもとに向かう。

新人冒険者は牛飼娘にゴブリンスレイヤーの嫁かと質問すると「そうだよ」と牛飼娘は返す。

ずいぶん離れていたのにゴブリンスレイヤーが「違う」と反応する。

尻餅をついたままの新人冒険者を牛飼娘は抱え上げて家に運ぶ。

娘が心配な叔父

叔父に宿泊の許可を貰おうとしたが、あっさり断られた。

年頃の娘がいる家である。

新人冒険者などゴロツキと変わらないと評する叔父は、娘の安否を心配する。

ゴロツキと言われ怒る新人冒険者だが、叔父は「黙れ」と一喝する。

そういう態度だから信用されないのだと聞く耳を持たない。

ゴブリンスレイヤーが自分が借りている納屋に泊まらすことを提案する。

さらに寝ずの番で見張っておくとも告げる。

ゴブリンスレイヤーを信用した叔父は新人冒険者を泊めることを許可した。

油断が多い新人冒険者

今月分の金を叔父に渡したゴブリンスレイヤーは、新人冒険者を連れて納屋に向かう。

埃と薬品臭い納屋に到着した。

藁山で寝ろと指示するゴブリンスレイヤー。

不満を述べながらも指示通り横になる新人冒険者。

眠らず警戒しているゴブリンスレイヤー。

自分を連れてきておきながら、ゴブリンスレイヤーまで自分を疑うのかと気分を害す新人冒険者。

ゴブリンスレイヤーは、起きているのはゴブリンの備えのためだといつも変わらない。

新人冒険者はもしかしたら、眠っている間に新人の身包みを剝くためではないかと疑念が湧く。

不意打ちなどで殺されてたまるかと武器に手をかけて警戒するが、そのうち眠ってしまう。

翌朝、新人冒険者はゴブリンスレイヤーの早朝訓練の音で目が覚める。

休日なのに訓練を続けるゴブリンスレイヤーを訝しむ新人冒険者。

ゴブリンスレイヤーは休むと鈍ってしまうからだと黙々と訓練を続ける。

新人冒険者は動かない的に投げても意味がないとか的が低すぎるとか色々文句をつける。

だが、ゴブリンスレイヤーにとってはすべてゴブリンを倒すために適切な行動だった。

昇級が認められない女神官

ギルドへ戻るゴブリンスレイヤーたち。

牛飼娘の朝食が美味しすぎたため、思わず食べ過ぎて動けなくなる新人冒険者。

最初は下水道で鼠退治でもするべきだと告げるゴブリンスレイヤー。

ギルドでは仲間たちが集まっていた。

女神官が泣きそうな顔をしている。

どうやらギルド等級の昇級が認められなかったらしい。

銀等級パーティーに所属している女神官は、おんぶにだっこで貢献していないのではないかと認識されたのだ。

エルフが等級が問題ならば、白磁や黒曜級で冒険すれば良いのではないかと提案する。

ゴブリンスレイヤーもその考えに賛同する。

新人冒険者が後衛でビクビクする神官には昇級は無理だと馬鹿にする。

他人を馬鹿にするなら、馬鹿にされることもあるとリザードマンが割り込む。

神官を馬鹿にしたため、周囲の神官全てから嫌悪の視線を浴びる新人冒険者。

新人だから冒険の怖さを知らないのだろうと周囲が馬鹿にした視線を送る。

自分だって冒険者だから、ゴブリンくらい倒せると気を吐く新人冒険者。

毎回似たようなことが起きるゴブリンスレイヤーに呆れるエルフ。

それなら決まりだと女騎士が女神官をリーダーにして新人冒険者とゴブリン退治をすることを提案する。

ゴブリンスレイヤー【第57話】の考察・感想

若い娘のいる家によく分からない男を泊めたくない叔父の気持ちはよく分かります。

でもゴブリンスレイヤーの説得には応じる叔父。

ゴブリンスレイヤーにも帰る家があって本当に良かったですね。

さて、女神官が役に立っていないのではないかというのは、身近に見ている人はそうではないと分かるのですが、客観的には運に恵まれただけに見えているのですね。

白磁級たちと冒険するのは昇級には良いかもしれませんが、ゴブリンを舐めプしているようにも思えます。

ゴブリンスレイヤーが油断ともいえるこの提案に賛同したのは意外でした。

それだけ女神官の実力を評価しているのかもしれませんね。

まとめ

以上、『ゴブリンスレイヤー』第57話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『ゴブリンスレイヤー』第58話は、月刊ビッグガンガン2021年4号(3月25日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!