OUT【第193話】最新話ネタバレと考察・感想!圭吾は父親の跡を継げるのか

OUT【第193話】最新話ネタバレと考察・感想!圭吾は父親の跡を継げるのかのアイキャッチ画像

ヤングチャンピオン2021年6号(2月22日発売)の『OUT』第193話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第192話第193話
(最新話)
第194話

OUT【第193話】のあらすじ・ネタバレ

荒志の想いに対して俊男は

圭吾は尾形から父親の形見の日本刀とその想いを受け取り静かに海を見つけていたが、俊男はその様子を見て心配していたのだ。

荒志は圭吾は今のままだと近い将来自滅すると話し、自身の母親が次第に薬物に依存したエピソードを明かしたのだった。

荒志は小学生の頃に母親から薬物を取り上げようとしたが、割れたビール瓶で片目を失明させられたのだ。

その母親も薬物が原因で亡くなってしまい、かつては男が神だと語っていたのが薬物になったことを嘆いていたのだった。

俊男はその言葉に神妙な表情を浮かべたが、荒志は圭吾に対して孤独に寄り添ってやれる理解者が必要だと告げたのだ。

俊男は荒志の言葉を聞いて圭吾が仲間のために身体を張れる男だということを自分自身が一番分かっていると答え、自分が圭吾を支えると微笑んだのだった。

圭吾は父親が「決して俺のようになるな」と微笑みながら剣道を教えていたことを思い出し、静かに涙を逃していたのだった。

圭吾の変化とフーリン

圭吾は翌日も二カクから厳しくしごかれ、挑発を受けてカッとなってしまった。

カッとなったらとっさに石を握りしめたものの、俊男に名前を呼ばれて振り返ると真剣な眼差しで睨みつけていたのだった。

圭吾は立ち上がり石からそっと手を離したため、俊男の心の中を理解したようだ。フーリンと荒志は顔の傷について話していたが、ニカクのシゴキを終えた圭吾と俊男がやってきたのだった。

圭吾はフーリンと険悪な空気になりそうになったものの心を落ち着かせ、荒志に静かに頭を下げて何かをお願いするような雰囲気になったのだ。

圭吾がフーリンと嫌悪な状況になっていることを理解し、父親の件での感謝を伝えている事を察した荒志は頭を下げる様子に「ありがとう」と言って感謝するのだった。

その夜、良樹達は風の間という店に集まっていたが、フーリンはそんな彼らに荒志にアフマドの件がバレてしまったことを打ち明けるのだった。

フーリンは荒志に秘密が知られてしまったことを驚く良樹達に対し、荒志の殺害を宣告したのだった。

果たしてフーリンはどうするのか

荒志は顔の傷について過去のことをフーリンに話したものの、最後にはなぜか殺意を覚えたことが謎である。

フーリンはアフマドとつながっていたようで、荒志にバレてしまったとなれば自分自身で殺さないといけないと判断したようだ。

荒志はフーリンと圭吾が険悪な関係になることを避けたものの、フーリンがアフマドとつながっていることを知っていたために恨まれてしまったようである。

良樹達はフーリンの仲間で風の間という店に集まっていたが、アフマドとつながっていたことがバレて驚いてしまった。

しかし、フーリンは荒志を自分の手で殺すことを予告するが、果たしてできるのかどうか気になるところだ。

フーリンは荒志に感謝する圭吾との関係をまた悪化させ、どのような展開になるのか目が離せない状況になったのである。

OUT【第193話】の考察・感想

荒志はかつては母親が薬物にハマり亡くなってしまったエピソードがあり、圭吾が背負ったことと同様に伝える様子に感動しました。

一方のフーリンは荒志にアフマドとつながっていることがバレ、自分の手で殺そうと考えるため危険だと思います。

圭吾は荒志の話を聞いて感謝していましたし、過去のことを話すことは重要だと感じました。

次回はフーリンが荒志に対してどのようにするかが注目ですが、圭吾などの邪魔が入りそうな予感がします。

まとめ

以上、『OUT』第193話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!