マイホームヒーロー【第126話】ネタバレと考察・感想!全ては哲雄の計画通り

マイホームヒーロー【第126話】ネタバレと考察・感想!全ては哲雄の計画通りのアイキャッチ画像

週刊ヤングマガジン2021年12号(2月15日発売)の『マイホームヒーロー』第126話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第125話第126話第127話

マイホームヒーロー【第126話】のあらすじ・ネタバレ

哲雄と歌仙の連携

小沢に連絡した後再び屋敷に戻って来た哲雄は、屋根の上に上っている。

歌仙は今も時間稼ぎのために郷一郎と性行為をしているふりをしている。

床下の半グレはしびれを切らし始めているが、行動には出ない。

哲雄は遠くに洋二たちを見つけた。

洋二たちは走って屋敷に向かっている。

哲雄は歌仙と約束をしていた通りペンで屋根を叩いた。

他の者に音を聞かれても烏が獲物をついばむ音と似ているためばれることはない。

対して歌仙とはリズムも約束していたため、ちゃんと合図が伝わる。

合図に気付いた歌仙は、郷一郎が眠ったとわざわざ口に出す。

そして自分は湯あみに行くと言った。

15分で戻ると言い、部屋を出る。

床下の半グレはすぐに窪に連絡をし、15分で歌仙が戻ってくるため今が最大のチャンスだと伝える。

窪はタイミングを床下の2人に任せて、自分たちは近くでスタンバイを続ける。

歌仙は早く屋敷を出ようとするも途中で胡蝶に見つかってしまった。

郷一郎と同じ空気を吸いたくないと言う歌仙に、胡蝶は嫌味を言って来るも歌仙は耐えて何とか屋敷を出ることに成功する。

半グレが作戦を実行

床下から郷一郎の部屋の畳をを少しだけ持ち上げ郷一郎が眠っていることを確認した半グレは、遂に突入を決める。

窪に行くと連絡を入れ、2人は畳を静かにずらし穴から部屋の中に入った。

1人は手にテープを持っている。

ゆっくりと郷一郎に近づくと、2人は目で合図をし一気に郷一郎を押さえつけた。

郷一郎の口をテープでふさぎ、騒ぐなと言うも郷一郎が目覚めることはなかった。

2人はそのことに違和感を抱く。

哲雄も作戦を実行

半グレが郷一郎の部屋に突入した時、すでに屋根から降りた哲雄は屋敷の庭に隠れていた。

そして半グレが部屋に侵入したタイミングで郷一郎がいる部屋の窓めがけてスリングショットを放った。

ガラスの割れる大きな音が響いた。

半グレの2人、胡蝶が驚き、天照も疑問を抱く。

丁度屋敷に入って来た洋二は、音を聞き何があったのかと思う。

各部屋から人が出て来た。

なんの音だと聞く胡蝶に、与丞が奥の部屋から音がしたという。

使用人の1人が奥の部屋には郷一郎がいるはずだと言った。

郷一郎の名を何度も呼びながら全員が奥の部屋へと急ぐ。

奥の部屋での惨状

一番最初に奥の部屋に辿り着いた与丞が勢いよく部屋の戸を開けた。

そこには布団に横になっている郷一郎と郷一郎にまたがる男、そして郷一郎の頭を持ち上げている男がいる。

口にテープを巻かれている郷一郎は薄く目を開けているが、布団の枕元が血に染まっており、頭を持ち上げている男の手も血まみれになっていた。

半グレ、与丞、胡蝶、使用人の全員に旋律が走った。

大きな悲鳴が屋敷内に響く。

どうしたと洋二が奥の部屋に走って来た。

胡蝶は耐えられず使用人にしがみつき体を預けている。

もう郷一郎の方を見ることも出来ていない。

奥の部屋に入った洋二は、倒れる郷一郎と半グレを見つけた。

洋二には状況が呑み込めなかった。

マイホームヒーロー【第126話】の考察・感想

歌仙も加わり哲雄の計画はさらに完璧なものとなり進んでいます。

元々は1人でやろうとしていたため、哲雄1人でもうまくいくように計画を立てていたのだと思いますが、かなり賭けだったと思います。

小沢もちゃんと動いてくれたおかげで洋二たちも屋敷に駆け付け、とても面白い状況となりました。

半グレに殺人の罪を擦り付けることにも成功しているため、村と半グレの衝突も目の前です。

窪がどのタイミングで前に出てくるのかが気になるところです。

まとめ

以上、『マイホームヒーロー』第126話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回のマイホームヒーローは休載です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!