魔界の主役は我々だ!【第53話】 最新話ネタバレと考察・感想!混乱する我々師団の活動日誌

魔界の主役は我々だ!【第53話】 最新話ネタバレと考察・感想!混乱する我々師団の活動日誌のアイキャッチ画像

週刊少年チャンピオン2021年10号(2月4日発売)の『魔界の主役は我々だ!』第53話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第52話第53話第54話

魔界の主役は我々だ!【第53話】のあらすじ・ネタバレ

ロボ、活動日誌の提案をする

我々師団の部室でロボは、シャオロン達を呼び出しました。

今日から活動日誌を付けると部員達に提案するロボ。

ロボは、日誌に我々師団の1日の活動内容等を当番制で記録すると教え始めました。

面倒だと不満をぶつけるシャオロン達。

ロボは、1日目の当番担当をシャオロンに指名しました。

強引に日誌を押し付けて書かせるようにロボは仕向けて行くのでした。

ロボ、日誌の内容に怒る

翌日になりロボは、日誌を部室でチェックし始めました。

1日目のシャオロンの日記がしっかり書いてあるか見ていくロボ。

シャオロンは、相談者の悩みを解決した件を書いていました。

しっかりした活動記録だと安心するロボ。

しかし、続きがありそこには、ウツが自分達の部室に女子生徒を連れ込んでいた追加記載がありました。

我慢してコメントを書くロボ。

2日目は、ウツでした。

ウツは、女子生徒を部室に連れてきたのは悩み相談をしたと日誌で打ち明けてました。

追加の日誌内容があり、そこにはシャオロンの追記がありました。

ウツが女子生徒の肩を抱いてキスしようとしていたと告発した内容の日誌。

3日目は、ゾム。

ゾムは、1日部室の清掃をしていたがその際にシャオロンの0点の答案を発見したと書いてありま

た。

内容が他人のプライベートの事ばかり書いていることに気づいたシャオロン。

怒りながらも4日目、5日目、6日目と読んで行きました。

チーノやトントン、ショッピ達は、互いの罵り合いや活動は特にないとありきたりなコメントを大量に残していました。

そんな内容に怒りを感じながらも手本を見せようと決めるロボでした。

ロボ、活動日誌を廃止する

7日目にロボは、怒りを我慢して活動日誌の書き方のお手本を見せました。

シャオロンは、ロボの日誌に顔文字がうざいとツッコみました。

ロボは、明日は再びシャオロンの当番である。

我々師団の暴露話は禁止だと言いました。

8日目のシャオロンの日誌は、ロボの姿を馬鹿にする内容でした。

激怒するロボ。

真面目に日誌を書いて行けど激怒していきました。

しかし、団員達はそんな内容を気にせずに相手のありもしない情報等を勝手に書き込み一触即発の状況に変わりました。

お互い馬鹿にして険悪な雰囲気に陥るシャオロン達。

ロボは、活動日誌の影響で我々師団の治安が悪化した。

戦争が開催されると知ったロボ。

それを喰い止めるために危機感を感じて向かうロボ。

すると部室に入るとシャオロンは、武器を手に取り睨み合いを続けていました。

そんな争いを見て止めろと活動日誌を破り去るロボ。

ロボは、怒り活動日誌は廃止すると激怒しました。

活動日誌が廃止され、シャオロン達もいつもと同じ状態に戻りました。

ロボは、日誌を無くした代わりに部員達を定期的に集めてが、褒める円陣を開催し、荒れ狂う気持ちや行動を制御できるように実行していきます。

その効果があってか、シャオロンやウツ、他の部員達も穏やかになってきました。

魔界の主役は我々だ!【第53話】の考察・感想

ロボが我々師団に加入し、活動日誌を作り記録してコミュニケーションを計り提案する考えがしっかりしています。

シャオロン達に面倒だと言われても真面目に掻けと迫るロボ。

シャオロン達も当初は真面目に書いていましたが、次第に言い訳や罵詈雑言の嵐で困惑していく苦悩のロボがとても人間らしかったです。

情熱を持って説得していくはずが、いつも間にか罵り合い大会の様に変化しました。

やがて、活動日誌の見本を書いてお手本を示すロボ。

しかし、段々内容がエスカレートしていき喧嘩となるも体を張って止めるロボ。

結果的に活動日誌は廃止となりました。

本当にドタバタの回でした。

次回は、我々師団に何が待ち受けているのか。

とても楽しみにしています。

まとめ

以上、『魔界の主役は我々だ!』第53話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『魔界の主役は我々だ!』第54話は、週刊少年チャンピオン 2021年11号(2月10日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!