男子高校生を養いたいお姉さんの話【第257話・第258話】ネタバレと考察・感想!実君の願望は

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第257話・第258話】ネタバレと考察・感想!実君の願望はのアイキャッチ画像

週刊少年マガジン2021年9号(1月27日発売)の『男子高校生を養いたいお姉さんの話』第257話・第258話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第255話
第256話
第257話
第258話
第259話
第260話

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第257話・第258話】のあらすじ・ネタバレ

合計16回ものくちづけをしてしまった二人

なんと今回のエピソードも前回お姉さんが川で溺れたところからの続きであった。

お姉さんは実君を助けるはずが自分が助けられてしまったことを悔いている。

さらに自分が助けられるばかりか人工呼吸までさせてしまったと言うことを思い出して顔がどんどん真っ赤になっているお姉さん。

これはもう死んでお詫びするしかないと言いかけたお姉さんだったが、せっかく助けた命を粗末にし出さないでくださいと制止されるのであった。

実君はそれを聞いてこちらこそ救助の際に、テンパってしまってすみませんと謝るのであった。

お姉さんは実君にはいくら感謝してもしたりない位なのだと。

それを聞いてお姉さんがいつものお姉さんが戻っているようで安心していた実くんだった。

お姉さんはそんなことをしたくないけど実くんのことは嫌いにならないのだと。

これもいろんなところから展開を引っ張ってきているのだが、お姉さんは実くんが男の子だからいろんなことをやらかしてしまうのも理解しているのであった。

実君がやりたかったこと

実くんは今までやったことをリスト化されて少し恥ずかしくなってしまった。

お姉さんは最初自分なんかでは実くんの相手は務まらないと思っていたが、お姉さんは実くんの喜ぶために今は何でもしてあげたいと言う気持ちになっていた。

お姉さんは受験のためには我慢するよりも思い切ったほうがいいと言ってくれている。

実くんはそれを聞いてお姉さんが18歳以上向けの音を解禁してくれるのかと期待し始めた。

お姉さんは自分がどんな異常なことをされても受け止めると言っている。

それを聞いて実君は自分はそんなに数ではないと、受験が終わるまでは絶対に合わないと誓うのであった。

夢の中のサキュバスお姉さん

この夢の中ではお姉さんは何でも受け止めてくれる人だと思う。

実くんはお姉さんが現実世界で何でも受け止めると言ってくれたから期待が高まりすぎてしまっていたのである。

ここは実君の夢の中だから思うがまま。

姉さんあられもない姿に変身した。

実くんは次の回で思うがままお姉さんを味わうことを決意した。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第257話・第258話】の考察・感想

1ページ目でお姉さんが手をついて悔しがっているシーン。

これは知ってか知らずか、去年の日本シリーズ第3戦目で代打で出場して結果を残すことができなかった長谷川選手の悔しがり方にそっくりでした。

しかしこの回は何気ない回ですが受験が終わったらやりたい放題やんと言うことをお姉さんと約束したと言っていいでしょう。

最近の話はずっと続いてますね、たぶん次回で1ヵ月になると思います。

まとめ

以上、『男子高校生を養いたいお姉さんの話』第256話・第257話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『男子高校生を養いたいお姉さんの話』第258話・第259話は、週刊少年マガジン10号にて2月3日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!