MAO【第78話】ネタバレと考察・感想!土を喰らう放浪者、新たな謎

MAO【第78話】ネタバレと考察・感想!土を喰らう放浪者、新たな謎のアイキャッチ画像

週刊少年サンデー2021年9号(1月27日発売)の『MAO』第78話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第77話第78話第79話

MAO【第78話】のあらすじ・ネタバレ

自責する摩緒

診療所、摩緒は百火の左腕の傷の手当てをしていた。

この傷は自分がつけたのか、摩緒は百火に尋ねた。

「気にすんな」と百火は一言で済ませる。

やはり自分が傷つけてしまっていたのか。

猫鬼の力で暴走し、白眉に操られていたとはいえ兄弟子に攻撃をしてしまっていた事に気を落とす摩緒。

百火は摩緒の背中に「傀儡の針」を刺したのは双馬かと確認する。

摩緒はそれを認めると同時に、双馬を救う事ができなかったと落胆する。

それを聞いていた菜花は白眉達との戦闘の疲れで横になっていたが口を開いた。

双馬の行為はひどい裏切りであり、それに対してなぜもっと怒らないのかと。

摩緒は双馬が自分が思っていた以上に「獣」に対して強い憧れを持っている事を見抜けなかった。

そして結果的に菜花にも迷惑をかけてしまった。

摩緒は菜花に「すまなかった」と謝るのであった。

摩緒が謝る事ではないと菜花は語気を強めるが、胸が痛み出し、うずくまってしまう。

暴走した摩緒とぶつかり合った時に胸部を痛めていたのであった。

アバラが2、3本いかれているのではないかという百火に対し、それを否定をする摩緒。

気絶している間に触って確かめたから問題ないというが、赤面する菜花に摩緒は枕で殴られてしまう。

菜花は百火も見ていたのかと問い詰めるが、触診中は外で待っていたため見ていないと返答された。

それに対し、「だったらまあいいか」という菜花の投げやりなリアクションに百火は不満を漏らすのであった。

放浪する患者

とある病院、その院の看護婦が真夜中の見回りを行っていた。

看護婦が病室に入るとベッドに患者の姿がない。

慌てた看護婦は「例の患者がまた…!」と他の看護婦たちを呼び出すのであった。

後日、貂子の茶屋でその放浪する患者の話を聞く摩緒達。

その患者は目を患い、一人で歩ける状況ではないにも関わらず毎晩病室を抜け出しているという。

病院の看護婦から相談を受けた貂子は摩緒達にその話を打ち明けていた。

そして患者は朝になるといつの間にかベッドに戻っており、なぜか泥だらけの姿でいるという。

その患者の男は何者なのか、摩緒はそう尋ねると貂子は怪訝な顔をしながらある事件の話をしだす。

先月にあった祈祷師が強盗に殺されたという事件、その犯人が今回の件の患者ではないかと噂が立っているというのだった。

土と呪い

摩緒達はその患者が入院している病院に訪れた。

その患者はなぜか入院以来一度も食事を取っていないという事を聞く摩緒。

外で食べているのではないかと菜花は指摘するが、病院の周りは民家も畑もなく、それは難しい事であった。

夜、目を患っている患者が病室の窓から抜け出し、外を歩きだしていた。

そしてその後を静かにつける摩緒達。

患者の周りからはモヤのような結界が発生していた。

菜花は患者がなにかの術に操られているのではないかと感じる。

摩緒も菜花と同じ意見であると共に、先月発生した祈祷師強殺事件と「泥」というキーワードについてもなにか気がかりなのであった。

そして患者がたどり着いたのは墓地。

すると患者は墓石の傍の墓土をおもむろに食べだしたのであった。

その行動を見た摩緒はこれが「呪い」によるものだと察する。

墓土をひとしきり食べ終わった患者はうめき声を上げると、突如口から邪気の様なものを大きく吐き出した。

その邪気の様なものは上空へと上がり、どこかへ向かっていくようだった。

摩緒は今目の前に起きている事が何なのかはわからないが、この患者を取り巻いている呪いと土の術。

大正の時代でこんな事ができるのは、と思い辺りを見つけたように語るのであった。

出所不明の土の術

墓場を歩く土属性の陰陽師、夏野。

偶然と言ったらよいのか、摩緒達と遭遇するのであった。

やはり、といった感じで摩緒は夏野を睨みつける。

この患者に何かをしたのではないかと尋ねるが、夏野はこんな男は知らないと答える。

男が術にかかっていることを確認すると、夏野は摩緒に答えた。

「あいにくだけど摩緒、これは私の術じゃないよ。」

土の術といえば夏野しかいないと思い込んでいた摩緒は驚く。

「ならば…誰の!?」

摩緒の謎は深まるばかりであった。

MAO【第78話】の考察・感想

なにやらまた不気味な感じで新章が始まりました!

久方ぶりの登場の土の陰陽師の夏野ですが、今回の土の呪いの件とは関係ないみたいですね。

夏野以外で思いつく土の術の使い手となると、摩緒のよき兄弟子であり、紗那の想い人であった大五。

しかし大五はとうの昔に謎の死を遂げています。

まさか大五が復活してくるのか、それとも新たな土の術の使い手の登場か、また新たな謎が降りかかってきてしまいました。

謎だらけの新章スタートに期待大です。

まとめ

以上、『MAO』第78話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MAO』第79話は、週刊少年サンデー10号(2月3日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!