もういっぽん!【第108話】ネタバレと考察・感想!天音恵梨佳VS榛原佳音!ついに決着!

もういっぽん!【第108話】ネタバレと考察・感想!天音恵梨佳VS榛原佳音!ついに決着!のアイキャッチ画像

週刊少年チャンピオン2021年8号(1月21日発売)の『もういっぽん!』第108話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第107話第108話第109話

もういっぽん!【第108話】のあらすじ・ネタバレ

絶対に諦めない!

試合時間残り15秒!
技ありをとっている天音が圧倒的優勢!

チームが勝つためには榛原佳音が一本勝ちする他に無い状況!
佳音が天音から一本取るために選んだのは寝技…!

何とか寝技に持っていきたい佳音だが、そんな心うちを読まれたのか、
天音はここに来て初めて見せる大外刈りを繰り出してきた!

佳音は瞬間的にもうダメだとよぎった。
倒されてしまうと。

だがその一方で、何とかこの状況から逃れる術を苦しい体勢の中、
記憶を辿る…!
そしてついにギリギリの所で最適解を見出し気合でそれを実行する!

全ては一生懸命データを集めてくれた楠先生のおかげ…!
そして、大外刈り回避のヒントをくれたのは他でもない未知だった。

あの顔面強打の大外透かし…非常に危険な回避方法。
畳とはいえ、顔面から着地するのだから当然鼻血も免れない。

未知も以前に全く同じ回避方法を取ったが、決定的な違いは、佳音はすぐに次の行動に出ていた点!
すぐさま天音に覆いかぶさり抑え込む!

果てしなく長い20秒

抑え込みから20秒経てば榛原の逆転一本勝ちとなる!
この20秒がまさに勝負の明暗をわけるのだ。

応援する梢たちはカウントを始める!
たかが20秒…だが、本人たちには凄まじく長い20秒!!

全力で逃げる天音!全力で抑え込む佳音!!
そして、時間は流れ半分の10秒が経過!
これで技あり判定となり、同点に!

あと10秒この状況が続けば佳音の一本勝ちとなる!
流石、天音恵梨佳…この土壇場でも冷静さを失わず、的確に外そうとする!
このまま行けば抑え込みから脱出するのも時間の問題…!

だがこれは本当に際どい!
残り5秒…4…3…2…1…

カウントが刻まれていく中、電光掲示板のカウントが19で止まった。
それが意味するのは…

残り1秒で天音恵梨佳が技を解いた。
これにより互いに技あり…同点引き分け。

大将戦は引き分けとなったが、先鋒戦で負けた狭山の敗退が決まってしまった。
番狂わせは結局無かった。

ライバル認定

もの凄く善戦した榛原佳音だったが、試合後…楠先生に鬼のように叱られる事に。
原因はやはり園田未知流大外透かしだった。
いくら勝つためとはいえ、危険な顔面落ちは、やはり指導者からしても叱るべき危険な行為だったか。

鼻血を拭きながら説教する楠先生を見て、流石に反省する佳音。
勝ちきれなくてごめんねと、後輩二人に謝るも、二人は特に責める様子はなく、
悔しさもありつつ、満足の行く結果だったようだ。

そんな中、佳音の前に姿を見せた勝者天音恵梨佳。

再戦しようと声をかけ、それを天音が無視したことから始まった因縁。
佳音は天音に勝って、向こうからもう一度勝負してくださいと言わせるのが目標だった。

今こうして天音が佳音の前に姿を見せたのは、あの時と違う態度を見せるためか?
だが、期待も虚しく、またしても無言で背を向けてしまう天音。

そんな彼女だったが、去り際に一言…

「榛原、もう一度…」

彼女がそう言い掛けた時、かぶせる様に佳音が言った。

「もう一度勝負しよう天音恵梨佳。次は勝ってみせる」

と。

「明日の個人戦は私が勝つ」

それが天音の返答だった。
それは紛れも無い、天音恵梨佳が榛原佳音を認めた瞬間だった。

思わず涙を流す楠木先生。
佳音以上に想いが溢れてしまっている。
そんな先生の涙を拭う佳音。

感動に沸いていたのは先生だけじゃなかった。
未知も梢も榛原の善戦に感動し、盛り上がっている。
その一方で、天音ファンの永遠は声にこそ出さなかったが天音を心の中で称賛していた。

そんな中、東体大栄の生意気な一年が大きな声で呟いた。

「意外とたいしたことなくないですか?天音」

観客席からの聞き捨てなら無い台詞を聞いた永遠は明確な敵対心を燃やす。
ちょうど2回戦で当たる優勝候補校・東体大栄…しかし、あの先鋒の一年と当たるのは永遠ではなく未知。

その怒りの矛先は別の選手に向けられる事になるのか。

もういっぽん!【第108話】の考察・感想

榛原佳音の善戦も一歩届かずでしたが、結果として天音恵梨佳に認められたところが、もの凄く感動的でした。

ちゃんとライバルとして認め合えた瞬間…二人はまだまだ強くなっていきそうな気がします。

リベンジマッチは個人戦へ持ち越しですが、次こそは佳音に勝ってほしいですね。

でも天音の台詞で”個人戦は私が勝つ”って言ってるし、本人的には勝つには勝ったが、勝ちとは認めていないのかもしれませんね。

そして次は青西と東体大栄!

あの生意気な一年生を永遠に替わって未知が打ちのめして欲しいものですね!

今後の展開も楽しみです。

まとめ

以上、『もういっぽん!』第108話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『もういっぽん!』第109話は、週刊少年チャンピオン 2021年9号(1月28日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!