男子高校生を養いたいお姉さんの話【第255話・第256話】ネタバレと考察・感想!お姉さん危機一髪

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第255話・第256話】ネタバレと考察・感想!お姉さん危機一髪のアイキャッチ画像

週刊少年マガジン2021年8号(1月20日発売)の『男子高校生を養いたいお姉さんの話』第255話・第256話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第253話
第254話
第255話
第256話
第257話
第258話

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第255話・第256話】のあらすじ・ネタバレ

お姉さんが川で溺れてしまった

なんと実は今回のエピソードは前回の続きなのであった。

まさか読者も前回からお姉さんがおぼれっぱなしだとは思っていなかったのでこれは不意打ちだと言えるであろう。

松岡くんからここは早く人工呼吸をすべきだと言う指示が入った。

しかし前回も同じようなことがあった実くん。

その時は人工呼吸にチャレンジをしようと思ったがただお姉さんの膨らみを掴むことに集中しただけで何もできなかったのだと告白した。

僕はやましい気持ちがあるから何をやってもダメになってしまうと説明した。

松岡くんは傘で実くんの顔を二発も叩いた。

非常事態なんだから多少そういったことがあっても後から追求されたりはしないだろうと。

そしてついに人工呼吸が開始されるのであった。

ついにお姉さんと口と口がふれる

頬骨をしっかりと圧迫して準備万端だった。

そして後は人工呼吸をするだけである。

ついに口と口が密着することになった。

人工呼吸をするつもりが思わずその感覚を楽しむだけになってしまったのであった。

それを見た松岡くんからも何をやっているんだとゲキが飛ぶ。

懸命に空気を送り込むがやはりお姉さんの意識は戻らない。

救急車を呼んでいるがこの雨のため到着が遅れてしまうだろう、このままお姉さんは帰らぬ人になってしまうのであろうか。

その時お姉さんの手がかすかに動いた

お姉さんは少しずつ素性し始めているようだ。

松岡くんからその調子で人工呼吸を続けたほうがいいと言う指示が入った。

もはや迷いの心はない、やましいことを考えずに後は心のそこからお姉さんを助けたいと思うだけである。

お姉さんが水を咳き込み始めた、お姉さんは完全に目が覚めたようだ。

実くんがさっきまでの勢いで口を重ねてしまう。

それがあまりにも衝撃的だったようでお姉さんはまたしても昏睡状態になってしまった。

男子高校生を養いたいお姉さんの話【第255話・第256話】の考察・感想

これはこの漫画では意外と新感覚のエンディングとなりました。

大体読んでいる人は誰も同じことを考えていたと思いますが、お姉さんはとっくに目覚めていて実君のくちびるのふれあいを楽しんでいるのだろうと思っていたからです。

それと一応自分もどこかしこで人口講習の研修を受けたことがあるんで、ほんとにこのやり方は正しいのだろうかと思って調べてみました。

まずは顎を引き上げて鼻をつまむとこから始めないといけないようですね。

そうしないとせっかく息を吹き入れても鼻から空気が漏れてしまうそうです。

これを今回のエピソードと照らし合わせてみると。

最初から全然できていませんでしたね‥、

でもこれを機に読者の人が覚えてくれるといいと思います。

まとめ

以上、『男子高校生を養いたいお姉さんの話』第255話・第256話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『男子高校生を養いたいお姉さんの話』第257話・第258話は、週刊少年マガジン9号にて1月27日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!