カノジョも彼女【第41話】ネタバレと考察・感想!夏休み前の試練!

カノジョも彼女【第41話】ネタバレと考察・感想!夏休み前の試練!のアイキャッチ画像

週刊少年マガジン2021年6号(1月6日発売)の『カノジョも彼女』第41話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第40話第41話第42話

カノジョも彼女【第41話】のあらすじ・ネタバレ

来たる夏休み

夏休みを目前にし、舞い上がる直也、咲、渚の三人。

夏祭りに花火や海、恋人たちが急接近するイベントの目白押しに咲ははしゃいでいた。

直也を自分のものにするために咲は渚を煽るが、渚も負けじと「遠慮はいらない」と対抗する。

直也も二人の思いに応えるかのように、貯めたバイト代を夏休みの思い出に全て使う事を約束するのであった。

期末テストも来たる

歓喜の声を上げる二人であったが、その夏休みの前には期末テストも控えていることを告げる直也。

テストの科目を確認するために学校で渡されたプリントを確認する直也であったが、ある事に気付く。

「期末テストで赤点を3つ以上取った場合は夏休み返上で毎日補習」

つまり補習になればたった今計画した夏休みの予定は全て帳消しになってしまうのであった。

「赤点3つも取るほどアホじゃない」と余裕の咲に対し、隣で何故か震えだす渚。

すると咲は思い出した。

渚は学校のテストでは全教科10点も取れないほど勉強ができないという事を。

その場に膝をつき、「アホでスイマセン」と謝罪をする渚。

直也の彼女になってからはその生活に現を抜かし、学校の勉強は一切やっていなかった事が発覚した。

その時点でテスト当日までは残り3日。

危機を感じた直也はすぐさま渚への勉強の指導に取り掛かる。

「年号を覚えるときは気合で、英単語はひたすら書く、数式は公式を全部覚えて総当たりであてはめる」

直也の指導は熾烈を極めるが、どうしても根性論のような指導方法になってしまいクレームを入れる渚。

自分が不器用な事を謝罪した直也は咲に助けを求める。

もし渚が補修になってしまった場合…咲は冷静に今の状況を分析した。

「夏休みに直也を独占できる」

と、不敵な笑みを浮かべるのであった。

そんな事は冗談と言いつつ渚の横に座り、勉強の指導にあたる咲。

「インダス文明最大の都市遺跡はなにか?」

という問題に対し、「六本木ヒルズ」と嘘の答えを教え渚を騙し討ちにかかる咲。

一方の渚はその答えを信じてしまう。

二人の醜い争いに不安を感じた直也は渚が補修になったら夏休みは三人で補修を受ける事を提案する。

直也との二人きりの夏休みを諦めきれない咲は、そんな事になったら二股を解散するとまで言う始末。

追い詰められた三人は渚は勉強、咲が指導、直也が家事と言った具合に役割を分担して作業を進めていった。

初めての夏

丸々24時間が経った。

三人は可能な限り尽力するが、このペースではテストに間に合わない可能性が出てきてしまった。

せめてもっと勉強できる人がいれば…直也が口にすると咲は閃いた。

親友の紫乃は勉強が得意だという事を思い出したのだ。

しかし自分の二股が発覚してからというもの、気まずい関係になってしまっている事が気にかかる咲。

直也はこれ以外に方法はないと説得するが、今一歩踏み出せない咲。

その様子を聞いていた渚は咲に気を使い

「大丈夫です。私頑張れますよ」

「直也くんとの初めての夏だから、直也くんとしたいこといっぱいあるから」

顔を赤面させながらも勉強を進めていく。

しかし、その一生懸命にやっているテキストの問題すら盛大に間違っていることを咲に指摘されてしまう。

この状況では致し方ないといった感じで咲は紫乃に連絡をとった。

連絡は繋がるも、やはり二股発覚の件があったからかつれない対応をする紫乃。

咲は考えた結果、「直也が全裸で渚ちゃんのパンツをくんくんしてる」という突拍子もない報告をするのであった。

危険な助っ人

直也の家に訪れた紫乃。

見事呼び出しには成功したが、咲のくだらない嘘に紫乃は不機嫌の様子。

緊迫した場を落ち着かせるため、お茶を用意しようとする咲。

席を立った咲に対し、紅茶の置いてある場所を教える渚。

二人が直也の家に妙に慣れている事に紫乃は違和感を覚えた。

当然といった感じで「もう一か月半も一緒に暮らしてるし」と咲は返す。

意味が分からずぽかんとする紫乃、一方の咲は重要な事に気付いた。

「三人で住んでることは紫乃にはバレてなかったんだっけ…?」

ハッとする直也と渚。

紫乃は呆れたとばかりにその場で頭を抱えるのであった。

カノジョも彼女【第41話】の考察・感想

楽しい夏休み、と思いきやまさかの試練が待ち受けていましたね。

渚は普段しっかりしているので忘れていましたが、テストで全教科それぞれ10点も取れない程の勉強ができない娘でした。

そのぶん家事などの生活力にパラメーターを振っており、咲とは対照的すぎるほど対照的なのである意味バランスが取れて二股生活は上手くいくのかもしれませんね(笑)

そして作中一番、その二股に不信を持っているであろう紫乃の再登場です!

以前のお話で紫乃は直也を想っており、咲のために自ら身を引いたという事が判明しました。

そんな事がありながら咲に呼び出され、直也と渚の三人で同棲していたとカミングアウトされた紫乃の気分はたまったものではないでしょう。

咲からしたら直也との愛をとるか、紫乃との友情をとるか、みたいな状況になってきており、期末テスト以前に大波乱の予感がしてきました。

次回は1ページ目から怒り心頭の紫乃で始まりそうです!

まとめ

以上、『カノジョも彼女』第41話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『カノジョも彼女』第42話は、週刊少年マガジン7号(1月13日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!