青年少女よ、春を貪れ。【第2話】ネタバレと考察・感想!苦い思い出を胸に秘めた群像劇

青年少女よ、春を貪れ。【第2話】ネタバレと考察・感想!苦い思い出を胸に秘めた群像劇のアイキャッチ画像

週刊ヤングジャンプ2021年4・5合併号(12月24日発売)の『青年少女よ、春を貪れ。』第2話!

この記事では第2話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第1話第2話第3話

青年少女よ、春を貪れ。【第2話】のあらすじ・ネタバレ

過去の思い出

勝之が百々瀬との交際が始まってから3週間後。百々瀬は、この世を去ってしまった。勝之の脳裏には、頬を紅潮させながら、雪のなかで笑う彼女の姿が鮮やかに蘇る。勝之は、写真を撮っておけば良かったと思っていた。

まさか、それが百々瀬と過ごす最後の冬になるなんて、勝之は思いもしなかったのだ。

百々瀬との思い出を秘めながら、10年がたち、勝之はすっかり大人へと成長していた。

会社の先輩であるシゲさんが、どちらが良いとスマホの画面を勝之に見せてくる。

登録していたマッチングアプリに、2人同時にメッセージが来たらしく、どちらを本命にしたらいいのか迷っているそうだ。

勝之は、それらのメッセージを読むと、申し上げにくいと前置きしつつ、ネカマの可能性を指摘した。

その理由は、画質が荒い画像に、性的なことには積極的なのに通話は拒否。更に、とても21歳の女性とは思えないメッセージの内容。

そこに、久野が来ていつしか話は恋バナへ変わっていった。

勝之は、手を洗いに行くと言ってその場から離れた。

そんな勝之の姿に、久野は奥手で恋愛をしてこなかった人物だろうと考えていた。

そんな久野に、シゲさんは勝之のことを理解していないと言う。

久野は、油そばを一緒に食べに行ったことで、勝之との仲をアピールするものの、シゲさんから見ればたいしたことはなかった。

愛しく切ない記憶

勝之は、帰宅途中にスーパーに立ち寄り、野菜をいくつか購入した。この野菜たちは、弁当用のナムルになる予定だ。

本屋に寄れば、女性客の会話が耳に流れ込んでくる。かつて、勝之も読んだことがある「雪の華」。その新刊が出たのだ。

ふと、本屋の窓際の席に座り勉強している学生カップルが目に映る。その姿に、10年前の自分と百々瀬の姿を思い出していた。

向かい合って勉強していると、百々瀬が笑顔で「集中しよ?」と言ってくれた。

ハッと我に返った勝之は、急いでその場を立ち去った。百々瀬のことを思い出しては感傷的な気持ちになるのは、明日が「あの日」だからだと勝之は感じていた。

ハルからの着信に、最初は無視をしようと決めていたが、過去の思い出に浸っていた勝之は、つい応答してしまった。

イタズラだと思い誰かを問えば、相手は笑って、音無紗衣子だと名乗った。

百々瀬と仲の良かった彼女のことを、勝之はよく覚えていた。紗衣子は、明日の20時に恵比寿に来てと言った。だが、勝之にはなぜ紗衣子がそんなことを言うのか不思議だった。

躓いて本を落とした勝之は、その両方とも百々瀬に関係しているものだと気づき、彼女が亡くなったことを今でも過去にできない自分を感じた。

百々瀬の死

百々瀬は、キャンプの事故で亡くなった。そのことを電話で知らされた勝之。遺影のなかで微笑む百々瀬の顔が忘れられない。

帰宅した勝之を、千鶴が待っていた。実家に泊まる予定だったが、勝之の顔が見たくなったらしい

千鶴も雑誌を買ったことに勝之が気づくと、千鶴は赤くなって資料に使うものだと主張した。

それは、婚活に関する雑誌だった。

青年少女よ、春を貪れ。【第29話】の考察・感想

たとえ、新しい恋を始めても、いつまでも胸の底に存在する百々瀬という少女の面影。

それは、果たして現在の彼女を裏切っていることになるのだろうかという、不思議な感覚になりました。

千鶴の立場になれば、百々瀬のことは忘れて欲しい存在なのでしょう。ですが、百々瀬の立場になれば、いつまでも忘れて欲しくないだろうとも思います。

この作品は、過去をどのように受け止めて、どのように進むかを考えさせられる作品です。

好きだった人を失ったときに、その存在はなかったことにはできません。

思い出がいつまでも胸の中に渦巻き、決して晴れることはないのかもしれません。

生きている人は、その思い出を抱えながら、どうやって人生を歩んでいくことができるのかを深く考えさせられました。

まとめ

以上、『青年少女よ、春を貪れ。』第2話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『青年少女よ、春を貪れ。』第3話は、ヤングジャンプ6・7合併号(1月7日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!