MAO【第74話】ネタバレと考察・感想!獣への憧れ

MAO【第74話】ネタバレと考察・感想!獣への憧れのアイキャッチ画像

週刊少年サンデー2020年4・5号(12月23日発売)の『MAO』第74話!

この記事では最新話のネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第73話第74話第75話

MAO【第74話】のあらすじ・ネタバレ

加神家失踪の謎

加神家の門前に立つ二人の青年。

二人は双馬の学友であり、学校に双馬が来ないことを案じて加神家に訪れていた。

しかし加神家には双馬はおろか、誰一人と居ない状態であった。

摩緒の診療所、兄弟子の百火が訪れていた。

百火は双馬も深く関わっている村の通り魔事件について調べていたとのこと。

双馬の兄が獣に身体を蝕まれ遺体として見つかった夜、加神家に謎の兵隊が何人も入っていき、袋に入ったなにかを運び出したとの情報があったという。

その運び出されていた袋が動いていたという証言から、その中身は人間ではないかとも言われている。

そしてそれ以来、加神家の人間も全員行方不明になってるという。

一通り知っている情報を話し終えた百火、診療所に見慣れない顔の青年がいる事に気づき、摩緒に尋ねる。

その少年がその加神家の次男の双馬であり、治療中でもあることを告げる摩緒。

百火の話を聞いていた双馬は弟たちや祖母の遺体なども軍服の男、白眉の部下が運び出したのではないだろうかと推測を立てる。

そして白眉が自分に言った「獣の使い手たる資格があるのか、試してみないか?」という言葉を再び思い出していたのだった。

百火と白眉

その後、駄菓子屋で休憩する菜花と百火。

菜花は双馬に思う違和感を話す。

双馬は自分の身体に憑り憑いている獣の邪気を取り払う治療を受けている状況。

しかし逆に双馬自身が獣の呪いを受け入れてるように感じる、むしろ憧れているのではないかと菜花は説明する。

それは獣の呪いと相性が良いという事であり、双馬から呪いを取り去ることは難しいという百火。

そしておそらくはこの件は白眉が関係している。

これから先、なにかあったら自分を呼ぶようにと百火は菜花に促す。

それは摩緒を助けるためではなく、因縁のある白眉と決着をつけるためであった。

菜花は軽くあしらう様な感謝を百花に述べると、自分の兄弟子が関わっているとわかっていて双馬を救おうとしている摩緒の事を考え、心配をするのであった。

謎の女性

井戸で水を汲む双馬。

バケツに汲んだ水に映る自分の顔を見て、獣の邪気の跡が薄くなってきている事に気付く。

摩緒の治療が効いてきている。

そう思っていた矢先、若い女学生のようないで立ちの女性が背後から話しかけてきた。

摩緒に親身に診てもらっている、情が移っていないといいけど。

双馬は誰かを尋ねるが、それには女性は応えない。

女性は双馬の弟たちは無事に過ごしているという事を告げる。

そしてこれを使えと双馬に袋に包まれた棒状のものを手渡した。

「白眉様が」という言葉を残し、女性はその場を後にした。

獣を望む心

摩緒の診療所に駆け込んでくる双馬。

弟たちの居場所がわかったと息を切らしながら話す双馬に獣との遭遇を予期した摩緒。

破軍星の太刀を腰に携え、双馬と同行することを告げる。

目的地へ向かう道中、双馬は先程の女性に言われていた言葉を思い出していた。

「獣を使う人には強い心が必要、どんな事をしても獣を使いたいという強い心が」

すると突然、目線の先の河原から光沢を帯びた何かが攻撃を仕掛けてきた。

白眉の術と確信した摩緒は双馬を自分の後ろに下がらせ、破軍星の太刀の結界で攻撃を防ぐ。

しかし摩緒の廃部に鈍痛が走る。

双馬が女性に渡された杭のようなもので摩緒の背部を貫いていたのだ。

「こうすればあの人は獣の使い方を教えてくれる」

と双馬は摩緒に謝りながらもおろおろと話す。

「あの人」という言葉に白眉を連想する摩緒。

すると突如、激しい鼓動と共に自分の身体に明らかな異変を感じだす摩緒。

みるみるうちに身体が変形しだす摩緒に狼狽える双馬。

そしてその様子を遠くで眺める白眉、隣には双馬と接触した女性。

猫鬼化する摩緒と獣の呪いを宿した双馬、二匹の獣が混在しているこの状況に静かに笑みを浮かべる白眉であった。

MAO【第74話】の考察・感想

まさかの再びの摩緒の描鬼化が来てしまいました!

双馬の獣の血が覚醒するものだとばかり思っていましたが、摩緒の方が獣になってしまうとは全く予想できませんでした。

この状況で摩緒が描鬼になってしまってはただただ暴走し尽すのみだと思います。

双馬がどうすることもできないだろうし、白眉と遭遇すればまたもや激しい戦闘になりそうです。

この状況で頼りになりそうなのはやはり、今回白眉との決着を宣言した百火の登場に期待するしかありません。

双馬の獣も現れる可能性もあるので百火にとっては苦戦を強いられる状況ですが、是非とも登場を期待したいところです。

謎の新キャラも登場し、ますます物語は深みを増していきます。

次回に期待です!

まとめ

以上、『MAO』第74話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『MAO』75話は、週刊少年サンデー7号(1月13日発売)にて掲載予定です。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!