魔王城でおやすみ【第223話】ネタバレと考察・感想!敗北したポセイドン

魔王城でおやすみ【第223話】ネタバレと考察・感想!敗北したポセイドンのアイキャッチ画像

週刊少年サンデー2021年2・3号(12月9日発売)の『魔王城でおやすみ』第223話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第222話第223話第224話

『魔王城でおやすみ』第223話のあらすじ・ネタバレ

敗北

ポセイドンは勇者と戦っていたが、勇者は剣に雷を纏わせるとスヤリスを必ず取り戻すと言って強力な斬撃を浴びせたのだ。

数日後、魔王城では勇者に敗北したポセイドンが帰還していて、多くの者達がざわめいている中、ポセイドンも内心動揺していたのである。

仲間が少し休んだらどうだと勧めるも、ポセイドンは苛立ちを隠せないまま仕事をさせろと言って何時でもいい仕事にとりかかろうとしたのだ。

その様子を見ていた仲間達は荒れているとポセイドンに気付かれないような声で呟いたのである。
一人で歩いているポセイドンは心の中で勇者は以前戦った時よりも強くなっていて、自分が無様に負けてしまったせいで後の面々にも確実に影響が出ると呟いたのだ。

そして勇者のスヤリスは必ず取り戻すと言う言葉を思い出すと、勇者が近づいてきた事を知られたくないと思って部屋に入るとそこにはスヤリスがいて、何で元気ないのと聞いたのである。

スヤリスがいる事に内心驚きながらも元気なくないと言うも、声は小さかったのだ。

スヤリスは即座に嘘だと言い、その証拠にポセイドンが気づかないせいでナスあざらし達がついてきていると指摘し、ポセイドンは後ろを振り返るとスヤリスの言葉通り沢山のナスあざらしがいたので驚きを隠せなかったのである。

ポセイドンは即座にご飯の事を考えていて気付かなかったと言って謝ると共にチラッとスヤリスを見たのだ。

まだ元気がないなと思ったのか、スヤリスはハデスに連絡をしようとし、ポセイドンはそれを阻止しようと動き出し、スヤリスは逃げ出したのだ。

どうせ兄が原因であり、兄弟とあららしの事しか考えていないとスヤリスは言うと、ポセイドンは追いかけながら「どういうイメージだよ」と突っ込んだのである。

八つ当たり

そしてポセイドンは「何も知らないで」と心の中で言うと、「大体元気が無かったら何なんだよ、スヤリスには関係ない事だろ」と言い放ったのである。

そうしたら空気が重くなったので、ポセイドンはヤバイと内心思っていたがスヤリスは慈愛に満ちた表情でポセイドンは落ち込むと泣いてしまうから、自分はそれが嫌だと言ったのだ。

スヤリスの言葉に内心感動しているポセイドンだったが、スヤリスは人はある程度重量をかけられた状態の方が安眠できると言いだしたので、疑問符を浮かべたのである。

続けてそれで適度に重量のありそうなポセイドンに体重をかけてもらって寝ようと思ったけど、泣いていたら五月蠅いからとスヤリスは言ったのだ。

その言葉にポセイドンはふざけるなと怒ると共に、自分が落ち込んでいるのは勇者に負けたからだけど勇者が来たらスヤリスは家に戻れるのだから関係ないよなと言い放ったのである。

しかし、また空気が重くなったとともにポセイドンは内心不安を抱くと共に、こんな当たり前の事を言われたって困るだろうと言ったのだ。

対するスヤリスは何時帰るかは自分が決めると言いつつ、負けてへこんでいるみたいだからポセイドンにも安眠が必要だと言ったのだ。

ポセイドンは心の中で勇者が来ても魔王城にいるつもりなのかと思って、力が抜けたのである。

共に寝る

そしてビッグナスあざらしがポセイドンを心配して駆けつけたのだ。

ポセイドンは心の中で負けて悔しいのには変わりないが、今日はちゃんと眠れそうな気がすると思って、ビッグナスあざらしの尻尾を布団にしてスヤリスやビッグナスあざらし達と共に寝る事にしたのだ。

翌日、ポセイドンは元気になったのである。

『魔王城でおやすみ』第223話の考察・感想

ポセイドンは勇者に負けてしまいましたが、翌日には元気になってくれて良かったです。

きっとスヤリスが勇者が来ても城に残ると言った事や彼女やビッグナスあざらし達と共に眠りについたのがいい方向に言ったのかもしれませんね。

スヤリスはある程度の重量をかけられたら安眠出来ると言っていましたが、ポセイドンもビッグナスあざらしの尻尾を布団にして重量をかけたから安眠できて、嫌な事をひとまず忘れる事が出来たのだと思いましたね。

まとめ

以上、『魔王城でおやすみ』第223話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『魔王城でおやすみ』第224話は、週刊少年サンデー6号(1月6日発売予定)にて掲載されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!