『カノジョも彼女』第38話 ネタバレと考察・感想!咲に対抗する渚!

『カノジョも彼女』第38話 ネタバレと考察・感想!咲に対抗する渚!のアイキャッチ画像

週刊少年マガジン2021年1号(2020年12月2日発売)の『カノジョも彼女』第38話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第37話第38話第39話

『カノジョも彼女』第38話のあらすじ・ネタバレ

咲の笑顔の謎

満足げな笑みを浮かべながら歩く咲。

それを不思議に思った渚は咲に尋ねるが、大したことはないと言いながら散歩に出かけて行ってしまう。

訳が分からない渚は洗濯をするために洗濯カゴに手をいれるが、なにやら見慣れないものを見つけてしまう。

そう、それは昨晩咲が直也を誘惑するために使ったバニーガールの衣装であった。

意外な洗濯物の登場に赤面しながら動揺する渚。

一方、散歩に出かけた咲は自分がバニー衣装を洗濯に出した事などには一切気付く様子もなかったのであった。

対抗する渚

自分が知らぬ間に直也と咲に何かがあったに違いないと察知した渚は、恐る恐るも直也に尋ねる。
動揺する直也、気まずい沈黙が訪れる。

しばし時間が流れた後、昨晩は何もなかったという事に加え、バニーの魅力をも語ってしまう直也。

動揺するも、詳しくバニーの魅力を聴取する渚。

そして怒涛のように繰り返されていく問答。

咲に対してたくさんかわいいと言った、と直也は異常なほど正直に語っていく。

重ねて、「コスプレに対してはあまり経験がないが、自分は好きな可能性がある――」

それを聞いた渚は静かに自室に帰っていった。

と、思いきや渚はメイドの格好に着替えて再び直也の前に現れたのであった。

無言で恥ずかしそうに立つ渚、それを凝視する直也。

何故そんな衣装を持ってるのか?メイド衣装に見とれるよりも何よりも先に直也は叫ぶ。

赤面しながら出来心で、と返し、渚は自分のメイド衣装について感想を求めた。

直也は少し黙ったのち、自分を「ご主人様」と言うように要求する。

突然の要求に困惑するが、恥ずかしながらも渚は言った。

「ご主人様…お慕い申しております…」

予想出来なかった「お慕い申しております」というボーナス付きのセリフもあり、直也はたまらずその場に倒れ込む。

ノリが良いふたり

なんて可愛いメイドだ、と率直すぎる感想を述べる直也。

それに気を良くした渚はお茶を入れたり、肩を揉んだり、そばで見守ったりとメイドのご奉仕のフルコースを披露していく。

一通りご奉仕し終えると、どんなことでもお申しつけくださいと直也に伝える渚。

「どんなことでも」でもに反応した直也は本当にどんなことでもいいのかと渚に聞き返した。

覚悟はできてるという渚の言葉を聞いた直也は静かに渚の下に近づいた。

「週一でメイドさんになってほしい…」

渚のメイドが可愛すぎ、これっきりになってしまうのが惜しいという直也からの週一メイドの提案だった。

直也の思いの丈を聞いた渚は感激し、メイドの身分ながらも自分を抱きしめてほしいと懇願する。

何故か感極まった二人は「メイド水瀬さん」「ご主人様」とお互いを叫びつつ、熱く抱き合うのであった。

そして失態

夜、いつものように食事をとる3人。

「おかわりいりますか?ご主人様」

渚は直也からおかわりの茶碗を受け取る。

同じテーブルで渚の夕飯に舌鼓を打つ咲。

少し間が空き、ご飯をよそうべく炊飯器を開けた渚は「あ」と自分の失態に気付いてしまう。

それと同時に
「ご主人様!?」
と、心の中で疑問を叫ぶ咲であった。

『カノジョも彼女』第38話の考察・感想

咲に対抗して渚はメイド姿で直也に挑んできました!

個人的には前回の咲とは違い、渚とはどこか心が通じ合ったような気がします。

積極的な咲に対し、献身的な渚の違いでしょうか。

渚の「どんなことでもする」に対して「週一でメイド」という直也らしいズレた提案。

それを受け入れ、ミュージカルかのように進んでいく今回のお話は良く言えば情熱的、悪く言えばただのバカップルですね(笑)

次回、最終的にふたりの異変に気付いた咲はどう動くのでしょうか?

もしくはミリカの参戦でコスプレシリーズは続いていくのか?

直也への想いが明らかになった紫乃の動向も気になります。

波乱めいてきた二股生活、次回も見逃せません。

まとめ

以上、『カノジョも彼女』第38話のネタバレと考察・感想をお届けしました。

次回の『カノジョも彼女』39話は、週刊少年マガジンにて12月9日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!