『カッコウの許嫁』第43話 ネタバレと考察・感想!エリカの秘密!

『カッコウの許嫁』第43話 ネタバレと考察・感想!エリカの秘密!のアイキャッチ画像

カッコウの許嫁(週刊少年マガジン)2021年号(12月2日販売)の『カッコウの許嫁』第43話!

この記事ではネタバレと考察・感想を紹介しています。

前回今回次回
第42話第43話第44話

『カッコウの許嫁』第43話のあらすじ・ネタバレ

写真の男は‥

エリカはついに覚悟ができたと言う凪に1枚の写真を差し出している。

凪は息をのんで差し出された写真を手に取るのであった。

撮った写真に写っていたのは‥。

幼き頃の自分たちと良心。

写真自体に変わったところがないが問題は、小さいころのエリカと凪が一緒にいると言うことであった。

2人は今年の春ごろに初めて会ったのではないだろうか。

ここから考えられるのは、2人が子供の時にあっていたことがあるということ。

幼き日の2人の回想が語られる。

エリカが子供のときの凪に自分が引っ越しをするだと伝えた。

凪はこれから一生会えなくなってしまうのかと不安であった。

しかし大人になったらまた絶対会えるだろうとエリカは言っていた。

そう、自分たちは許婚の関係なのだからと。

これは運命で決められた2人の話の話‥。

今までのは妄想!

そんなことを凪が妄想しているとエリカのツッコミがするどくはいった。

今まで説明したことすべてが凪が脳内で書いていたただの妄想だったのである。

そしてふと冷静になって考えてみる。

それでは写真に写っている自分そっくりの男の子っていったい誰だと。

それは凪のお兄さんであると衝撃の事実をエリカは話した。

しかしそれを冷静に受け止める凪。

しばらくたってはっきりと言う、自分の肉親は妹の幸だけであると。

エリカは人の心がないのか凪は人の心がないのかと言い出した。

エリカは街の中で凪を見つけた時はすごくびっくりしたんだと言っている。

ここにいるはずのないお兄ちゃんが目の前にいるのだから。

エリカがInstagramの毎日のように頑張って更新しているのは、なくなってしまったお兄ちゃんを探すためだったのである。

凪の決意

こんなことをがんばったところでお兄ちゃんが見つかるわけではないと言う事はエリカが1番よくわかっているのであった。

凪はそんなことを言っている間に真面目な決意をしていたようだ。

お兄ちゃんの行方を探そうと凪は言い出した。

それは楽しいことだと思うのだが、なんとエリカはすごく大きな声で笑い出した。

エリカはでもきっとそう言ってくれると信じていたと思って、お兄ちゃんをぜったいに見つけようと決意する。

凪は夕食を作りながらいろいろなことをぼんやりと考えていた。札幌医科大学

エリカと初めて会った時から何か違和感のある人をとっていた。

それは自分がお兄ちゃんに似ていると言う理由であった。

凪はだんだんとそのことに腹が立ってきたのであった。

凪はエリカのお父さんの会社に乗り込みにいくのであった。

無料登録ですぐに3000P貰えるので、『カッコウの許嫁』第43話が含まれている、週刊少年マガジン2021年1号を無料で読むことができます

『カッコウの許嫁』第43話の考察・感想

最初はまぁよくあるベタな展開だなぁと思っていたのですが、1階間半ぐらいひねりを入れてきました。

突然の展開ですが、そもそもエリカのお兄ちゃんて実在するのかなあと思いました。

今のところお兄ちゃんっぽいキャラクターが出てきた様子もありません。

お兄ちゃんがなぜエリカの元を去ってしまったのかも謎です。

さすがにそれは次回お父さんが何らかのヒントを与えてくれると思うのですが、今までお兄ちゃんのことをなぜ隠していたのかと言う不信感もありますね。

まとめ

次回の『カッコウの許嫁』44話は、週刊少年マガジンにて12月9日に発売されます。

次回のネタバレ・感想の記事もお楽しみに!